カルシウムの働き

カルシウムの働き

カルシウムは精神を安定させる効果があるとされています。
ミネラルの一種ですので、自然界にも鉱物として存在しますが、
やはり牛乳に含まれていることで有名ですね。

しかし、人間、特に日本人は牛乳から摂取したカルシウムは、
あまり吸収できないそうです。

では、子供の頃から給食としても飲み続けていたあれは何だったのでしょうか..
もちろん牛乳はカルシウム以外にも栄養素が豊富なので、
飲む意義は大いにあるのですが、
今思い出しても普通の食事と牛乳は相性が悪いです。

ちなみに人間が牛乳を摂取できるようになったのはごく最近の事なのだそうです。

そんなカルシウムは、体内で成長ホルモンを安定させる効果があると言われています。
その為、例えば身長を伸ばしたい、肌を綺麗にしたい。
と言った人は、成長ホルモンが最も分泌する22時から26時の間に眠りに付き、
その直前にホットミルク(ぬるめ)を飲むと良いでしょう。

この時間にしっかり眠っていると、薄毛も治ると言います。
医者によっては、この4時間は睡眠のゴールデンタイムとまで言われています。

しかし、この時間帯に眠ることはまず無理ですね。
よっぽど限られた職種か、メディアに全く興味ない人くらいでしょうか。